無駄毛に悩まされ振り回された人生

無駄毛が気になりだしたのは中学生からでした。
毛が濃いところに色白だったので無駄毛が目立ってしまい、それが原因でいじめられるようになりました。すっかりコンプレックスとなり、剃るようになりました。
高校生になってから脱毛器を使い始め、寒かろうが痛かろうが、またいじめられたりしないためだと我慢して耐えていました。

勿論、脱毛器を使った後は皮が剥けたり赤いポツポツができたり、しばらくヒリヒリしたりします。それを20歳まで続けてきたものの、私自身も限界を感じ肌も酷使し過ぎていました。
そこで、脱毛サロンに通うことを考え、大した下調べもせずにお試しプランの値段に釣られて行く事にしました。ほとんど脅迫のような強引な勧誘をされ、恐ろしくて不愉快な目に遭い、サロンというものを暫くの間誤解するようになりました。

初めて行った先ではそんな苦い思いをして、結局また自分で処理しなければならないのだと落胆しました。それからは、ネット通販で話題になっている除毛クリームを試しては何度も失敗に終わります。むしろ、更に肌がボロボロになるという悪循環に陥りました。
そんなことをして2年が経ちました。もっとよく調べてみると、色々な脱毛サロンがあり、もう一度他をあたってみようという気になりました。しかも、強引な勧誘がないサロンもあると聞いて、現在通っているサロンと出会うことが適いました。

もっと早く今の方法を取っていれば、大量に費やしたお金も手間も苦痛も、大幅にカットできることができたかもしれません。施術には肌ケアサービス込みで10万円前後がかかりましたが、何種類もの除毛剤を数回ずつだけならず、高いローションやクリームを買ったりしても実感も得ないとなれば、どちらが得かなんて呆れてしまうくらいに明白なものです。

それ以前に、無駄毛が原因でいじめられたりしなければ、ここまでの苦労なんてしなかっただろうにとも思いますが。

私自身は他人の無駄毛なんて気にしませんので、誰も見ないと意見してくれる人の気持ちだって分かります。しかし、未だに無駄毛を見られてしまうことへの恐怖が拭えられないのも事実です。
まるで無駄毛に振り回された人生。思い返すと切なくもなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ